耐震補強工事

  1. HOME>
  2. 耐震補強工事

耐震補強工事

耐震リフォームで突然の地震に備えましょう

快適な住まいをつくるためには、設備や間取り、デザインだけでなく「耐震性能」についてもよく考える必要があります。

耐震性能は実際に目で見ることができません。だからこそ、信頼できる施工会社をパートナーに選ぶことが重要です。
耐震リフォームのポイントは、地盤の状態によって建物の揺れ方は大きく異なり、建物の材質や壁の厚み、建物の重さ、床の剛性、土台・柱・梁など接合部分の強度などで耐震性が決まります。

こんな建物は要注意!

  • 1980年より以前に建てられている1981年6月の建築基準法改正にともない、耐震基準が強化されました。
    1995年の阪神淡路大震災でも、1981年以降に建てられた建物は被害が少なかったと報告されています。
  • 地盤が軟弱である特に都市部の地盤は軟弱な場合が多いので注意が必要です。
    軟弱地盤は揺れが大きくなるため、建築基準法では必要壁量を基準の1.5倍に定められています。
  • 建物がオーバーバンクしている1階よりも2階部分が張り出している建物や、1階の柱だけで2階部分を支えるピロティー状の建物は不安定になりがちです。
  • 1階の壁が少ない1階が店舗や車庫、大きな窓などの建物は壁が少なく、
    耐震性が不十分なため1階部分だけが倒壊するリスクが高まります。
  • 1階よりも2階の方が大きい2階の外壁の下に壁がない場合、建物に負担がかかるため耐震性の問題が出てきます。
    なお、1階と2階の外壁線を揃えたほうが構造上安定します。
  • 老朽化している土台や柱などの腐食やシロアリ被害など、強度に不安のある建物は耐震性の問題が懸念されます。
東横ホームサービスの 施工事例紹介詳しくはこちら
笑顔のくらしのお手伝い 住まいに関することは何でもお問い合わせ下さい。 塗装工事 耐震補強工事 介護保険住宅改修工事 エクステリア工事 防水工事 内装工事 太陽光パネル取付事 新築施工 etc 046-834-4749 FAX:046-833-1263 神奈川県横須賀市大津町4-7-18 営業エリア 横須賀市・逗子市・三浦市・葉山市 ※その他地域はお問い合わせ下さい。E-MAIL Consultation メールでご相談・お問い合わせ